運転中の安全確保

運転手である以上、交通社会のルールを守ると共に、緊急時に冷静に対応することが求められます。例えば自動車が故障した時は牽引しなければなりませんが、牽引の仕方も細かく定められています。ロープによる牽引を例に挙げると、車間距離は5メートル以内に収めなければなりません。また、ロープに白い布を付ける必要があります。故障車には免許を有する者が乗り、ハンドル等を操作しなければなりません。

運転手が注意を払うべきポイントは沢山ありますが、その一つに乗降時の安全確認があります。同乗者や乗客が乗り降りする際は、周囲の安全を確かめなければなりませんし、半ドアになっていないか確認しなければなりません。特に多い事故が、降りた乗客と後続車との接触ですから、安全を確認してから降りるように促します。交通量が多い道路上では、左側から乗り降りしてもらうのが無難でしょう。

運転手の義務として、乗り合わせた人にシートベルトを着用させることが大切です。シートベルトは万一事故が発生した時、身体にかかる衝撃を和らげてくれます。エアバッグが装備されている車であっても、シートベルトは必ず着用するようにします。シートベルトの効用はそればかりではありません。運転手の姿勢を正してくれますから、疲労が軽減し、結果的に運転に集中することが出来ます。同乗者が子どもである場合、チャイルドシートを利用するのがお勧めです。特に幼児であれば、備え付けのシートベルトが身体に合うことはありません。シートベルトはたるんでいたり捻れていたりすると効果が下がってしまいますから、普段から点検しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です