学科試験の内容

教習所や合宿免許で行われる適性検査の一つである奥行き検査をクリアするのはそれほど難しくありませんが、初めて検査に臨む人は現時点でイメージし辛いでしょうから、簡単に検査の中身をご説明しましょう。測定機器には固定棒と呼ばれる2本の棒が設置されています。それらの棒と同様の棒を試験官が前後に移動させて、固定棒との位置関係を被検者に読み取らせます。三つの棒が一直線に並んだタイミングでボタンを押すことが出来れば、合格することが出来ます。

第二種免許の学科試験は、第一種免許のそれよりも難しいと言われています。合格最低点数は90点で、出題方法や回答方法は第一種免許と同様です。対策を立てなければ、合格を勝ちとるのは至難で、まずは交通教則を読み込むことが求められます。何度も読めば強く記憶されますが、それだけではなく、内容の正確な理解も欠かせません。試験問題の中には引っ掛け問題も含まれるため、交通教則の内容がどのように設問として使用されるのかを把握する必要があるのです。もちろん恐れてばかりいては勉強に集中できないでしょうから、努力さえすれば合格できるものだと信じて対策を立てましょう。市販されている参考書等には躓きやすいポイントが記載されていますから、それらを利用して効率的に学ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です