学科試験に臨むために

運転免許を取得するためには、学科試験に合格する必要があります。仮免学科試験、本免学科試験と二回合格しなければなりません。落ちてしまった場合でも再試験を受けることはできますが、受講料が発生するので、なるべく一度で合格したい試験です。

仮免の学科試験は50問あり、90%が合格ラインに設定されており、本免は95問で同じく90%の合格ラインです。9割となると、高難易度の試験と感じるかもしれませんが、そのほとんどは○×問題で、イラストを見て答える問題は本免の試験での5問だけです。しっかりと勉強をしておけば、問題なく答えられると言われています。

問題には傾向があり、例えば駐車と停車を問うような問題である場合や、信号に関する問題、メンテナンスに関する問題は出やすいと言われているようです。併せて、バイクに関することも問われることがあるそうですので、ヤマを張るということはせずに、全ての分野を一通り暗記する必要があると言えるでしょう。教習所で見るビデオや授業の時点で暗記をするような気持ちでいれば、実際に教科書を読む時にも頭に入りやすいと言えます。空いた時間に教科書を読むのはもちろん、教習所にある自習室などを利用すれば良い環境で勉強に臨むことができるでしょう。

しっかりと勉強をしたにも関わらず、良い点数が取れないという場合は、当日に緊張してしまうことや、文章が読み取れていないということが考えられます。緊張してしまう場合は、深呼吸をすることや直前に飴を舐めたりすることが効果的です。個人個人で落ち着ける方法を考える必要があります。文章については、引っかけ問題に近い言い回しが多いので、まずは何を問われているのかを考えてから答えを求める必要があるでしょう。