国際運転免許

運転免許証を取得した場合、一般的には日本のみで運転を認められています。海外で運転をしようと思った時には、また別途の免許を取得しなければなりません。別の国で運転をする場合には国際運転免許証の取得が必須であり、ジュネーブ条約に加盟している90以上の国で運転が認められるそうです。

国産運転免許を取得するには、そもそも自動車運転免許証を持っていることが条件となります。運転免許証はいつに取得したものでも問題なく、現在でも有効であれば問題ありません。国産運転免許は、手続きさえ行えば発行が可能となっています。改めて試験などを受験する必要もありません。必要な書類は、現在でも有効となっている免許証、写真(条件は運転免許証と変わりません)、国外運転免許証交付申請書、発生する手数料、印鑑などになっています。費用は3000円程度が一般的なようで、細かな上下は都道府県ごとに違っているそうです。国際運転免許証は、日本以外の定められた国で運転をする場合に作成が認められます。渡航予定があい場合は取得できない場合もあるそうです。

国際運転免許は、1年の有効期限と定められています。この有効期限内であれば、定められている国への渡航は何度行っても問題ありません。この国際運転免許は単体で持っていても効果はなく、日本国内で使用のできる免許証と一緒に持っていることで効果を発揮します。外国で運転をする場合はどちらか一つではなく、必ず二つを一緒に携帯する必要があるでしょう。

もしも有効期限から経過してしまうという場合は、更新の手続きを行わなくてはいけません。有効期限内であったとしても日本国内で使える免許証が使えなくなった場合は、同じく国際運転免許も使用不可になるそうです。