住所変更をした場合の手続き

運転免許証を持っているうちに、引っ越しなどで住所が変わるという場合も珍しくありません。免許証の裏面に新しい住所を記載することになりますが、その場で記入をすることもありますし、後ほどということもあるそうです。当然ながら記入をするだけではなく、それぞれの場所で住所変更の手続きを済ませておかなくてはなりません。

住所変更を行う時には、警察署の運転免許課や運転免許センターで行うことができます。他の手続きなども兼ねている場合は、警察署に行った方が一括で行えるので便利と言われているようです。自分の住んでいる地域を管轄している警察署を調べて、手続きを行いましょう。警察署というと入りづらいと感じてしまうかもしれませんが、管理している課もありますし、多くの人が利用していますので心配は要らないでしょう。警察署と同じく、免許センターや試験場でも手続きを行うことが可能になっています。こちらの方が住所変更という手続きだけでいえば確実と言えるでしょう。ただし、こちらは警察署と違って人が多いと言われているそうです。住所変更だけでなく、免許の取得や更新に来ている人もいるので、タイミングが悪い場合には余計に待たされたりしてしまったり、時間が掛かってしまうことも考えられるでしょう。昼の時間帯や夕方は混みやすいと言われているので、ピークの時間帯を避けて行くのもひとつの手かもしれません。住所変更自体は受付をしてもらうことができれば、即日で手続きは完了します。手続き自体も問題がなければ10分あれば終わることも多いようです。住所変更は無料で行うことができますが、もしもこの手続きをしなかった場合には罰金が科せられる場合があるので注意が必要です。