合宿免許に向いている人

実際に運転免許を取得しようと考えた時に、合宿免許に参加をするのも一つの手です。では、合宿免許に向いている人、向いていない人は、どのような人なのでしょうか。

一般的に、合宿免許は二週間ほどの期間で行う必要があり、試験に落ちたなどのことがあれば更に期間は延長されてしまいます。そのため、夏休みや冬休みなどである程度のまとまった期間を取れる人に限られます。長期の休みを取ることができる大学生や、ちょうど転職期間で時間が空いている人や、融通が利く自営業やフリーランスなどの在宅仕事を行っている場合にも向いています。また、合宿免許は普通に通いで免許を取得するよりも安くなることが多いと言われています。特に経済的に不安がある場合にも、おすすめできると言えるでしょう。

合宿免許は、合宿ですのでしばらくは外泊が続きます。外で泊まりが続いてストレスを溜めてしまうというタイプには向いていないと言えるでしょう。場合によっては話し掛けてくる人もいるでしょうし、騒がしい環境になる場合もあります。人付き合いを楽しいと思えるような人には向いていると言えますが、一人でいる方が好きという場合は逆にストレスを溜めてしまう環境であるかもしれません。

勉強については、一言で言うと「強制されないと勉強できない」という人はぜひ合宿免許に参加するべきだと言われています。学習はカリキュラムが組まれていて、起床時間も厳しく定められている場合もあるそうです。自分一人ではどうしてもさぼり気味になってしまうという人には、良い環境かもしれません。また、友達と一緒に参加をする場合にはモチベーションを上げることもできますし、自分だけ落ちてしまえば一緒に授業を受けられなくなってしまうので勉強する意欲にも繋がります。